ダイソンの掃除機のバッテリーを交換!吸引時間が復活〜!

我が家の掃除機は、ダイソンのコードレスクリーナーを使っています。

広くない賃貸マンションなので、手軽に持ち運べてささっと掃除できて重宝しています♡

そんな大活躍のコードレスクリーナーなのですが、購入から2年、吸引時間が短くなってしまいました。

1分使うと、バッテリーのランプ部分が青く点滅したり、青と黄色で点滅したり…何やら騒がしい。

公式サイトで調べてみたところ、

バッテリーランプの青い点滅:バッテリー残量がない
バッテリーランプの黄色の点滅:一時的なエラー、不安定な状態

とのことで、バッテリーが劣化しているようでした。

純正品の交換用バッテリーを調べてみたら、結構お高い。。。

早々に諦め、互換バッテリーを購入しました。笑

互換バッテリーの使用は注意が必要です。こちらの見出しをご確認ください。(2021年11月6日追記)

この記事では、

  1. ダイソンのバッテリーの交換方法
  2. 使用済みバッテリーの処分方法
  3. 互換バッテリーの使用感

についてお話しています!

この記事は、こんな人におすすめ

ダイソンのコードレスクリーナーの吸引時間が短くなり悩んでいる人

ダイソンのコードレスクリーナーのバッテリー交換を考えている人

ダイソンのコードレスクリーナーのバッテリー、互換品と純正品で悩んでいる人

目次

ダイソンのバッテリーの交換方法

さっそくダイソンのバッテリーの交換方法について説明します。

用意するもの

  • 互換バッテリー(v7 slim用)
  • プラスドライバー

今回用意した互換バッテリーはこちら。

私は楽天市場で、お買い物マラソン中の5のつく日に購入しました♪

ポイントもついて、純正品の半額ほどで手に入れることができて良かったです。

こちらの商品は、ねじが2本付属しているので、万が一ねじ穴が潰れてしまった時でも安心ですよ。

交換手順

STEP
プラスドライバーで3箇所のねじを外す

ゴミ受けとバッテリーをつなぐところの2本と、持ち手のところの1本を外します。

外すこと自体は簡単ですが、ねじを潰さないように注意が必要です。

STEP
バッテリーを差し替えて、ねじを止める

持ち手の下にあるバッテリーを引き抜いて、新しいものを差し込みます。

外した3箇所のねじを留め直します。

STEP
終わりっ

完了でーす。簡単(*^^*)

今回は夫が付け替えてくれて、所要時間5分もかからないほどでした。

工程を見ても簡単さが分かるかと思います。

(たぶん不器用な私でもできるはず…!)

使用済みのバッテリーの処理方法

無事にバッテリーを交換できたら、次に困るのがバッテリーの処理方法…(^_^;)

ダイソンのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーと呼ばれるものです。

スマホのモバイルバッテリーに使われているものと同様で、

充電式の便利な電池ですが、処理方法を間違えると発火の危険性があります。

時々、スマホのモバイルバッテリーが発火した!というニュースを耳にしますよね…。

事故をおこさないためにも、正しく処分しましょう。

使用済みのリチウムイオンバッテリーは、家電量販店や市役所で回収されています。

こちらのサイトで、お住いの地域の回収場所を確認することができますよ。

回収できるものは、純正品のバッテリーのみです。

互換バッテリーの使用感、いい感じです♪

交換前は1分でヘタっていたのですが…

交換後は2LDKの室内をまるっと掃除できるほど、吸引時間が明らかに長くなりました!

こころなしか、吸引力も交換前のヘタったバッテリーの時より、よくなっている気がします。

馬力が違うというか、吸引音が違う感じがします。

このバッテリーがいつまで使えるかが問題ですが…1年保証が付いているのでひとまず安心です。

また、純正品の壁掛け充電器に対応しているので、問題なく壁掛け充電・収納ができています。

いまは、掃除機をかけたい時に、しっかりかけられる幸せを噛み締めながら掃除しています。笑

ダイソンのバッテリーにお悩みの方がいたら、ぜひ互換バッテリーを検討してみてくださいね(*^^*)

ダイソンの掃除機の互換バッテリーには注意が必要

※ここからは、2021年11月6日に追記しております。

経済産業省より、2021年10月29日付けにて、ダイソンの掃除機の互換バッテリーについて注意喚起が出ています。

詳細はぜひ経済産業省のページを確認いただきたいのですが、

  • 互換バッテリーによる火災事故が多発している
  • 充放電していない保管状態であっても、基板上の部品が発火・爆発する可能性がある
  • 互換バッテリーは家電量販店などでは回収不可能
  • 廃棄方法が決まるまで、鍋など金属製の容器にいれて保管すること

という内容が記載されております。

互換バッテリーは純正品より安く購入しやすいですが、安い理由があるということですね。。。

安全性・使用後のバッテリーの廃棄方法を考えると、少し高くても純正品を購入したほうが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家事嫌いのずぼら主婦です。時短家事、妊活・出産、在宅ワークやお得情報など、「ずぼら」な女性のために情報発信しています。アニメ・漫画、手帳デコ、ミニチュア、ハンドメイドが好きです。

目次
閉じる