ベビーベッドは代用できる?コールマンのアウトドアワゴンで作ってみた!

赤ちゃんの寝る場所は、実際に過ごしてみないと分からないことだらけ。

とはいえ、産前に準備しておかなければならない必需品です。

私もとても悩んだ結果、コールマンのアウトドアワゴンをベビーベッドとして代用することにしました。

あさぴぴ

2021年9月時点で約4ヶ月使用していますが、とても便利です♪

この記事では、アウトドアワゴンでのベビーベッドの作り方について写真を添えてご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • ベビーベッドをレンタルするか悩んでいる方
  • 家が狭くベビーベッドを置く場所がなく困っている方
  • 家が全室フローリングで、床上に直接布団を敷くのに抵抗がある方
  • 新生児の間だけなど短期間ベビーベッドを使いたい方

その他の赤ちゃん用のスペースの作り方はこちらの記事で取り上げています。

目次

アウトドアワゴンを使ったベビーベッドの作り方

用意するものはこちら。

コールマンのアウトドアワゴン。色はレッドが定番です。かわいい!

店舗限定カラーなど、バリエーションがあるのでぜひチェックしてくださいね。

ワゴンの内寸:幅43 奥行88 高さ30cm
耐荷重:約100kg

中に敷くマットレス。三つ折りにして使います。

サイズ:幅120×奥行70×厚さ3cm
三つ折り後サイズ:幅40×奥行70×厚さ9cm

アウトドアワゴンに、上記のマットレスを三つ折りの状態で敷いて完了です。

ワゴンの内寸と三つ折りマットレスのサイズ感はこんな感じです。

見ての通り、奥行きの部分が約20cmほど余るので、使用時はバスタオルやブランケットを詰めています。

シーツ・掛け布団は、季節にあわせて用意しましょう。

マットレスを三つ折りで使っているので、きちんとしたサイズのシーツはないのですが、隙間に折り込んで使えば問題ありません。

我が家では防水シーツ+バスタオルを使っています(*^^*)

アウトドアワゴンをベビーベッドにしたときの使用例

見た目はこんな感じです!

大人ベッドの足元に横付けして、大人は足元の方に枕を置いて寝ています。

アウトドアワゴン使用例

見ての通り高さがほぼ同じなので、泣き出した時にすぐ様子を見ることができます。

あさぴぴ

赤ちゃんがうつ伏せで寝てる時も、さっと転がして仰向けにできて安心♪

寝具は下から順に、ベビーマットレス→防水シーツ→バスタオルを敷いています。

夏場の掛け布団は、薄手のおくるみを使いました。(掛けても数秒で足元に丸まってます…なぜ…)

ベビーベッドをアウトドアワゴンで代用してみた感想

実際に使ってみて、コンパクトで動かしやすいところが想像以上に良かったです♡

それでは、良いところ・気になったところを一つずつ紹介します。

良いとこ

自由に動かせる

あまり動かない新生児〜生後1ヶ月の頃は、ワゴンをリビングに持ってきて、そのまま昼間のベビースペースにしていました。

寝室で使用している時も、冷房が直接当たらない場所へすぐに移動できるので便利です。

タイヤにストッパーがついているので、動かないように停めることもできます。

サイズが大人ベッドにぴったり

高さが我が家の大人ベッドの高さと一緒なので、寝たまま顔が見られます。

夜中うつ伏せになっていないか、ちらっと見て確認できるので助かります。

ベビーベッドじゃなく、アウトドアワゴンとして使える

ベッドとして使わなくても、本来のアウトドアワゴンとして使えるので安心です。

大きくなって、一緒にキャンプや公園に行く時に使うのが楽しみです。

使わないときは小さく折り畳めるので、収納も困りません♪

気になったところ

寝相により支柱に体が当たって痛そう

これはベビーベッドの柵でも同じでしょうか? 片方に寄ったり、横向き寝になった時に、支柱に当たっています。

そこで目が覚めてしまうことはないのですが…。
支柱のクロスになっている部分にタオル等を挟み、なるべく痛くないように対策しています。

寝相により回転し、横に挟まる

生後2ヶ月過ぎくらいから、寝ている時に体が回転し、ワゴンの横幅にぴったり挟まり、泣くことがありました…。
生後4ヶ月の今は、横向き寝がお気に入りのようで回転しなくなり、朝までぐっすりです!

タイヤ部分で足を打つと痛い

これは親にダメージがあるパターンです。

置き方に因りますが、タイヤの向きを考えずに置くと、うっかりした時に足を打ちます。

たとえば夜中の授乳時…めっちゃ痛いです。おかげで目は覚めます。笑

コールマンのアウトドアワゴンはベビーベッドとしていつまで使える?

我が家の使用例ですが、2021年10月(生後5ヶ月)の今現在でも、アウトドアワゴンで寝る時もあります。

ただ、だんだんと親のベッドで添い寝が多くなってきました(^_^;)

安全面を考慮していつまで使えるかを考えると、ベビーベッドのように高さのある柵がないため、一人でおすわりできるようになったら危ないです。

生後6ヶ月頃をめやすに、次の寝具への移行をおすすめします。

ベビーベッドはコールマンのアウトドアワゴンで作れる!

この記事では、我が家の実例とともにアウトドアワゴンでのベビーベッド代用術を紹介しました。

\まとめ/

コールマンのアウトドアワゴンで、ベビーベッドが作れます!

ふつうのベビーベッドのサイズと違うので、中に敷くマットレスのサイズに注意

ベビーベッドを置く場所がない短期間の使用予定、という方におすすめ!

もちろん、本来の使用用途ではないので、自己責任で気をつけて使いましょうね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家事嫌いのずぼら主婦です。時短家事、妊活・出産、在宅ワークやお得情報など、「ずぼら」な女性のために情報発信しています。アニメ・漫画、手帳デコ、ミニチュア、ハンドメイドが好きです。

目次
閉じる